2019年03月18日

R.I.P. Mr.ロケンロール☆ミ

_20170320_171713.JPG
2017.3.18 Mr.Rock'n'Roll チャックベリーが逝った。
FB_IMG_1552872956286.jpg
2019.3.17仕事明け(3.18早朝)、 チャックの命日&チャックベリーナイトをィ夜に控えた朝、まさかの訃報が届いた。
そ、そう、Mr.ロケンロールが逝ってしまった!
PARCOのCM(チャック来日ツアープロデュースはMr.Yuya)でも仲良く主役をはっていた命日1日違いの二人のロックンローラーは天国で共演するのだろう!!!
FB_IMG_1473319450670.jpg
そ、そう、あの世はロックンロール天国だ。
ポールは将来?バディと?!
FB_IMG_1489894541108.jpg
この世で共演を果たしたKing二人はあの世でも!
Mr.Yuya Uchidaはエルビス、ジーン、カールと一緒に 監獄ロック-ブルージーンバップ-ブルースエードシューズ-Johnny B.Goode だ!
R.I.P. Mr.ロケンロール☆ミ
(SB1)
sketch-1552877705409.png
1996.6.9 Mr.Yuya&SB1


ラベル:音楽
posted by SB's at 12:39| 大阪 ☀| Comment(0) | SB's辛魂音楽-music- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月04日

俺たちのマンハッタンズLive@ビルボードライブOSAKA 3.1

FB_IMG_1551442250472.jpg
俺の2012年以来の待望のマンハッタンズは哀愁の3マンハッタンズ。
DSC_6543.JPG
pm6:30...俺たちの1stStageは遂に開演した。
Come on Baby~Lets Sit-downでカジュアルエリアに着席!
注目の他界したブルーラヴェットさんのベースボーカルパートはTroyMayさんが見事にカバー。
DSC_6544.JPG
お、俺の好きなThe Day the Robin Sang To Meが序盤に炸裂し俺は秒刹。
(意味は知らないが)この曲から俺はCherryBlossomSmileと言う言葉を覚えた日々を思い出しながら、放たれる名曲たちにMr.ブルーラヴェットの残像を感じ俺たちは涙涙涙。
さ、最後はお決まりの『夢のシャイニングスター~涙の口づけ』、
(流れが)わかっていても、またもや魂の涙涙涙
そ、そ、そして、1st Stageでも、まさかのアンコールが!
Georgia On My MindがDoo-Wopマナーを搭載し(中盤のCan Iもサイコーだった!/個人的にはWhen We Are Made As Oneが聴きたかったが。)あの頃のマンハッタンの夜空の星たちのように俺たちに降りそそぐ。
そ、そう、俺たちのマンハッタンズは何も変わらない!
IMG_20190303_202022_079.jpg
CherryBlossomSmileで仕事についた俺のまるでハドソンリバーサイドのような川沿いバーは一晩中マンハッタンズが鳴り響いていた。(SB1)


ラベル:音楽
posted by SB's at 02:54| 大阪 ☔| Comment(0) | SB's辛魂音楽-music- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月22日

俺のTatsuroYamashitaSpecialAcousticLive@梅田クアトロ 2.20

DSC_6439.JPG
ひび割れたビー玉の少年の心を持つ男も眠った朝のィ翌日。
DSC_6446.JPG
pm6:20...お、俺は梅田ピカデリービルの非常階段に並んでいた。
(↓ここからィややネタバレ注意)

DSC_6447.JPG
そ、そう、山下ワーリングインフェルノと化したそのビルの10階クアトロを目指す俺は40倍の当選率からゲットしたTatsuroYamashitaSpecialAcousticLiveにRideOnTimeだ。
DSC_6448.JPG
立ち見3時間は過酷かと思われたが、ストリート仕様リアル生アカペラタイムや、
Since I Fell for You、What's Going Onのフルカバー、
3人編成でも重圧に炸裂するBomber etc.、で俺の魂も立ち上がる!
さよなら夏の日では達郎さんが1人で同時にギター、鉄琴、タンバリンなど4ッの楽器を見事にこなし、その滑稽な器用さは微笑したあとには感動の涙。
そ、そして、夏からまたTatsuroYamashitaLiveTour2019は始まるそうだ。

DSC_6450.JPG
そ、そして、俺は朝6時過ぎまで仕事。
DSC_6451.JPG
pm10...ィ予定より1時間 列車を遅らせた二日酔いの俺はターナーの機関車を待つように特急こうのとり5号に飛び乗り北へ旅立った。
sketch-1550775383858.png
前夜、お、俺は知らなかったが街には抽選から外れたTatsuroFanが溢れかえっていたそうだ。(SB1)

※協力 おでんタツサン(Kobe)



ラベル:音楽
posted by SB's at 03:09| 大阪 ☀| Comment(0) | SB's辛魂音楽-music- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月06日

SB's Recommend Live☆平成最後にただでもらえたビール

FB_IMG_1549369911667.jpg

recommended by spicebrothers music 2019


posted by SB's at 14:20| 大阪 ☔| Comment(0) | SB's辛魂音楽-music- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月27日

俺たちのダブルゲームツアー@クラブ月世界(三宮) 11.24

DSC_5592.JPG
pm4:19...到着した月が輝く前の月世界。
DSC_5593.JPG
もう元宇宙飛行士?のような方も待っていたダブルゲームツアー。
DSC_5594.JPG
お、俺は2階からステージを眺めて待つ。
DSC_5595.JPG
pm6...そ、そして、洗練され熟成された「じゅうくはたち」が炸裂!
DSC_5596.JPG
港KOBEが誇るグランドキャバレーに平成から新時代に股をかける歌姫なかの綾がハマる!
DSC_5597.JPG
あの曲この曲で止まらない90分強のダブルゲームは巨大な満月のように輝き歓喜の終演。
DSC_5600.JPG
の、残すは11.27(tue)東京キネマ倶楽部の千秋楽だ!(お、俺は行けない。)
DSC_5602.JPG
pm8:47...そ、そして、俺の道頓堀も月世界と化していた街は土曜のィ夜だ。
俺はダブルゲームをかけて仕事だ!(SB1)


ラベル:音楽
posted by SB's at 01:23| 大阪 ☁| Comment(0) | SB's辛魂音楽-music- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月01日

俺たちのメンフィス meets マッスルショールズ人生@Billboard Live Osaka 10.25

DSC_5372.JPG
い、行ったことはないが、あの約束の地メンフィスに沈むような夕陽を眺めていた俺に一本の電話が。
『...って言うか、もうビルボードの前にいます!』と、あのSB-Luckfoot氏から。
DSC_5374.JPG
pm6...俺も待ち合わせ時間通り入魂の到着。
DSC_5376.JPG
スティーブ・クロッパー / Steve Cropper(Guitar)
ウィリー・ハイタワー / Willie Hightower(Vocals)
チャールズ・ホッジズ / Charles Hodges(Hammond B-3 Organ, Keyboards)
リロイ・ホッジズ / Leroy Hodges(Bass)
ルイス・バジェ / Luis Valle(Trumpet)
アンディー・ウルフ / Andy Wulf(Saxophone)
スティーブ・ポッツ / Steve Potts(Drums)

Memberを見るだけで、ここはメンフィスだ!ィいや、マッスルショールズか!?
DSC_5377.JPG
二日酔いの俺は充実野菜&クラブハウスサンド。
DSC_5378.JPG
ビール攻勢のLuckfoot氏のチーズも横から頂くうちにバンドイントロダクションが。
そ、そして、あのグリーン・オニオンでMr.スティーブ・クロッパー登場!
Mr.クロッパーがドック・オブ・ザ・ベイ、ミッドナイト・アワーを歌い、遂にMr.ウィリー・ハイタワー登場!
DSC_5379.JPG
SB-Luckfoot氏が自家用車でカセットテープにおとし いちばん聴いた曲 念願の「ウォーク・ア・マイル・イン・マイ・シューズ」がライブ中盤に!
「ユー・ユーズド・ミー・ベイビー」「タイム・ハズ・ブロート・アバウト・ア・チェンジ」も熱烈に炸裂し、俺たちフェイム・ファンを失神させた。
勿論、サム・クックのあの名曲たちや、天使のハンマーがまさにハイタワーから俺たちの脳天に振り落とされ俺とSB-Luckfoot氏は朝3時まで道頓堀川をミシシッピー川と錯覚しながら酒を煽ったメンフィス meets マッスルショールズ人生にガバ乾杯だ。(SB1)


※ガバ とは本来、SB-Luckfoot氏が薩摩っ子ラーメンでラーメン注文する時のニンニク大盛の事を意味する。(SB-pediaより)
ラベル:音楽
posted by SB's at 11:18| 大阪 ☀| Comment(1) | SB's辛魂音楽-music- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月20日

2018年09月18日

俺たちのインプレッションズ@Billboard Live Osaka 1st&Last 9.15

DSC_4940.JPG
pm4:11...お、俺は万全の態勢で最初で最後のインプレッションズを拝みに1st Stageへイン!
DSC_4942.JPG
NISSINチキンラーメンと同じ60周年を迎えるグループはあの(結成メンバー)サム・グッデン様(1934.9.2生)、フレッド・キャッシュ様(1940.10.8生)が大阪のステージに君臨する瞬間!
DSC_4943.JPG
pm4:30過ぎ...Amen(Intro)~It's All Rightで登場!
I'm So Proud,I Need You,Gypsy Woman,I've Been Trying,Choice Of Colors...60's 70s'を色混ぜ、勿論 People Get Readyに俺たちは咽び泣いた まるで(行ったことないが)あの頃のシカゴのようなビルの地下の黄昏時。
そして、バックバンド(スタイルなのか!サイズが無かったのかww何故かトロンボーンのレジー・ペースさんだけスーツではなかった ww)によるCurtis Medley(Freddie's Dead~Give Me Your Love~Superfly),,,あのエディー・ケンドリックスのカバーHe's A Friendも俺に炸裂!
リードはジャーメイン・ピュリフォリーさん。
DSC_4945.JPG
pm5:42...す、素晴らしい正真正銘のSweet Impressions Showにカジュアルシートに泣き崩れた俺は仕事だ...
DSC_4946.JPG
そ、そう、このあと行われた2nd Stageが実質JAPAN最終公演となる!
お、俺は俺のSOUL魂を揺さぶられまくりながら、またひとつ歴史的なR&B-SHOWを俺の目に心に魂にインプレッションされた。
Thank You,,, for Your Precious Love!!! (SB1)



ラベル:音楽
posted by SB's at 00:40| 大阪 ☁| Comment(0) | SB's辛魂音楽-music- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月14日

俺たちのE.YAZAWA 69th Anniversary Tour 2018 Stay Rock@Hiroshima G.A.9.11

1536658260799.jpg
pm5:51...お、俺はあの広島市民球場跡地に立つ。
そ、そう、俺が最後に市民球場に立ったのはカープがクルーンに抑えられた横浜戦だ。
DSC_4893.JPG
そ、そして、広島から夜汽車に乗って横浜で降りた男 E.YAZAWA Tourは初めてのグリーンアリーナにイン。
DSC_4894.JPG
広島公演はJAMMIN' ALL NIGHT以来の3年ぶりだ。
DSC_4895.JPG
そ、そう、この日、マツダスタヂアムではなんと!ィ横浜戦だ!
E.YAZAWA 69th Anniversary Tour 2018 Stay Rock...間もなく開演です!
DSC_4898.JPG
pm8:57...アンコールイキマス。
Great!!! アンコール2曲目の止まらないあの曲で永ちゃんを乗せたゴンドラは俺の1米前までやって来た!
1536719473625.jpg
pm9:30...感動の終演後。トランポと撮影!ま、間違えた!
1536719458979.jpg
し、真のトランポと撮影!
1536719468267.jpg
さ、さあ、酸素ボンベが爆発した広島のィ夜はRolling Nite...俺たちは夜の新天地,灼けつく鉄板探しに八丁堀方面へBack'n'Roll...Roll, Roll。(SB1)



ラベル:音楽 広島
posted by SB's at 21:39| 大阪 ☁| Comment(0) | SB's辛魂音楽-music- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月19日

俺たちのSoul T's Live@TakeFive(吹田)

received_2159832060940823.jpeg
本日は終演後、ミナミにBack'n'Roll致します!(SB1@Live)

ラベル:音楽
posted by SB's at 16:50| 大阪 ☁| Comment(0) | SB's辛魂音楽-music- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月17日

俺たちのアレサフランクリン

1534474873979.jpg

Aretha Louise Franklin a.k.a. Queen of Soul
(1942 3.25-2018 8.16)

R.I.P.☆ミ


ラベル:音楽
posted by SB's at 12:05| 大阪 ☀| Comment(0) | SB's辛魂音楽-music- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月12日

俺たちのバディホリー伝説 1958.1.26

_20180612_154037.JPG
Buddy Holly『Oh!Boy』 on Ed Sullivan Show 1958.1.26 番組完全版を初めて俺は見た!
DSC_3853.JPG
そこにはあの有名な?Japanese女優6名の使節団が登場!
DSC_3851.JPG
エルヴィスやマーロンブランドに会ったり、エド・サリバン・ショーに生出演は知っていたが、俺たちのバディホリー出演日と同じ日だったとは!!
DSC_3849.JPG
は、果たして彼女達はバディホリーをみたのか??
DSC_3850.JPG
南田洋子さんはエドサリバンショーには出ているが、
_20180612_153143.JPG
エルヴィスとの写真には写っていない!ことより、バディを見たかどうかの方が気になる俺(--;)

DSC_3846.JPG
オープニングアクトは謎の東洋ショー!
DSC_3856.JPG
セットも謎の東洋だがジャパンだ。
DSC_3857.JPG
歌詞は英語だが、
DSC_3847.JPG
劇中のカウントは”いちにーさん”だ!(SB1)

_20180612_153037.JPG
1958年1月13日頃?に米国に到着した女優6名の使節団。


posted by SB's at 16:26| 大阪 ☔| Comment(0) | SB's辛魂音楽-music- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月08日

Kenji Seki Live&Talk Show2018@石ノ花『コバルトの夜』6.5

DSC_3793.JPG
そ、そう、pm6:30頃から始まった当日リハは視界ゼロの開演ギリギリまで続いた。
sketch-1527850272053.png
ーVo.Kenji Seki Gu.Kohichi Moriyama(オセロケッツ)ー

Hey, One Two,,,Kenji Seki コバルトツアー2018 in 石ノ花 間もなく開演です!

pm7:30...開場、pm8:15開演のショーは超満席状態、ィ約10分押しで遂に幕を下ろした!
received_1727104090706900.jpeg
1.背中ごしのアイラブユー(高橋研)〜2.チャイナタウン(山川啓介)とまさかのE.Songsでスタート。
received_1727104214040221.jpeg
そ、そして、自身がYAZAWAの作詞にたどり着いた経緯のトークで会場の熱は上がる!
2004年の手の内がみえない処女作「パッシングライト」の点灯だ!
し、静かに?ヒートアップする客席からのリクエストで急遽珠玉の名曲「灯台」へと(セット&チューニングを変えなければならないハプニングも)。
第2部では「ひとりぼっちのハイウェイ」の伝説が語れた。
received_1878914872198134.jpeg
pm10:25...そ、そして、大阪が誇るワッケンロールSAXスティービー和田氏の飛び入り!
received_1727104330706876.jpeg
2部構成のステージは急遽第3部(アンコール)へと延長突入した。
received_1878915145531440.jpeg
突発の石ノ花デジタルアナログ技術を駆使した必殺技でバーボン人生〜Believe In Me〜アイラブユーO.K.(キーのハプニングあり)。
1528257490741.jpg
ふ、再びあのグレートギター森山氏が加わり3人編成で2回目の居場所(加藤ひさし)、温存されたシングル曲「コバルトの空」がonSAXで炸裂した俺たちが探していた夢の色のィ夜!
俺たちは時間など気にしない子供が遊ぶように...酔いしれた。
そ、そう、せき氏のYAZAWA作詞の夢が現実に成ろうとしたとき、「時計をはずして」の歌詞は生まれた!

DSC_3794.JPG
そ、そう、その客席にはあのMoonShinerのギタリストをはじめ、当然あの恋の列車兄弟SB-HR氏もいた。
カムツゥー来。メイビー将来!(SB1)

cast

☆せきけんじ/作詞家 (vo.)

works

矢沢永吉
『コバルトの空』『KISS KISS KISS』『ひとりぼっちのハイウェイ』
(2009 ROCK'N'ROLL)
『灯台』『時計をはずして』『パッシングライト』
『メイク』『Shake Shake Shake』『答えの扉』
(2004 横顔)

古市コータロー
『青い風のバラード』
(2014 heartbreaker)

☆森山公一/オセロケッツ 20th-anniversary (gu.)

☆スティービー(スネーク)和田 (t.sax)



『コバルトの夜2018@石ノ花 6.5.』開催記念特別展示会
1528256407079.jpg
*SB-HR氏所有のアルバム「横顔」「ROCK'N'ROLL」
1528256413278.jpg
*そのアルバムに頂いたのせきけんじ氏のサイン。

_20180602_105922.JPG
*公式第1部オリジナルセットリスト。

_20180602_105954.JPG
*公式第2部オリジナルセットリスト。

FB_IMG_1528266989214.jpg
*スティービー和田氏所有のコード付ソングブック(本番ではリアルにキーを下げた)。

原案 ☆T
制作 SB1
音楽監督 K.Moriyama
special thanks
KS Cobalt Tour 2018 参加の皆様
箕面麦酒

トーク&ライブin石ノ花

ご来場いただいた皆さん

ありがとうございました

次の誕生日で55才を迎えるこの年。

人生 初のライブ

奇しくも僕が矢沢永吉さんのアルバム
「横顔」で作詞家デビューした2004年
矢沢さんは当時55才でした。
その年のツアータイトルは「55WAY」
55という数字は未来を暗示する運命の数字
だったのかも知れません。

「何かを求めて生きて行く限り私は幸せ」

そこに人が居るってこんなに嬉しいことは
ありません。

すべてに感謝を込めて

せきけんじ 2018.6.6



supported by spicebrothers music 2018

ラベル:音楽
posted by SB's at 00:50| 大阪 ☁| Comment(1) | SB's辛魂音楽-music- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月09日

俺のMr.リロイハトソンLive@Billboard Live Osaka 2018.5.7

DSC_3516.JPG
pm6...つ、遂に、お、俺は、開演30分前に魂の待望のイン!
あのハレンチノ軍団にも遭遇した開場人生だ。
DSC_3517.JPG
ひとりで来る時に俺は必ずこのシートを選ぶ。
そ、そう、出入口にいちばん近い最後尾角のカジュアルシートはィやさしい鬼のようなSweetSoulに自由に崩れ咽び泣ける。
お、俺はピンクレモネード&ポテトフライのSweet American Setでじっと開演を待つ。
IMG_20180507_175245_594.jpg
そ、そして、あのCool Out~Getting It Onが始まりMr.Hutsonをバンドがオーディエンスが迎えた!
そして、中盤、俺たちに炸裂したあのSo In Love With Youの超メロウグルーブ、フルートのあの生リフに俺は完全にヤラレた!
見事にご健在だったMr.エヴァーグリーンメロウグルーブ a.k.a. Mr.リロイハトソン a.k.a. エロイハトソン(と俺は囁いた)。
そ、そして、俺の収穫は目の前で聴けた男女二人のバックコーラスだ。
特に俺にはマンチェスターのシスターソウル ジゼル・スミスが超アーバンブラックキュートだっ!
2009年にリリースされた『This Is Gizelle Smith & The Mighty Mocambos』から...今年ニューアルバム 『Ruthless Day』をリリース!
日本盤限定ボーナス・トラックは仏産ディスコ・ジェントル「ディミトリ・フロム・パリ」による最高にグルーヴィなダンス・リミックスも収録された!
DSC_3515.JPG
member
IMG_20180508_203658_313.jpg
リロイ・ハトソン / Leroy Hutson(Vocals, Piano)

ジゼル・スミス / Gizelle Smith(Vocals)
https://www.youtube.com/watch?v=jkG0lBKUZB8

アンドレ・エスプット / Andre Espeut(Vocals)
https://www.youtube.com/watch?v=8lxwgN5sXPM

カール・ハドソン / Carl Hudson(Keyboards)
ポール・ジョブソン / Paul Jobson(Keyboards)
デイヴ・イタル / Dave Ital(Guitar)
デレク・チャイ / Derek Chai(Bass)
ジェイミー・アンダーソン / Jamie Anderson(Saxophone)
ニック・バン・ゲルダー / Nick Van Gelder(Drums, Percussion)
コフィ・カリ・カリ / Kofi Kari Kari(Percussion)
DSC_3518.JPG
pm8:15...足早Back'n'Rollした俺はMr.Hutsonもカバーした俺の大好きなマダムバタフライからPositive Forces/TAVARESで俺の仕事も始まった都会の甘い甘いィ夜のィ夜だった。
IMG_20180506_200553_982.jpg
Thank You, Mr.Leroy Hutson & His Band !!! (SB1)


ラベル:音楽
posted by SB's at 16:10| 大阪 ☀| Comment(0) | SB's辛魂音楽-music- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月17日

Tom-Ishi&Ms.Junco Wedding Music Menu 2017.11.4


羽生選手の金メダル連覇で沸く日本列島に遅れたニュースが舞い込んだ!(中子)
sketch-1509847187574.png
2017年11月4日富士宮某所で開かれたトム石川氏の披露宴のミュージックセットリストだ!
★入場
キラキラ武士/レキシ(新婦Select)

☆鏡開準備
Loveland Island/山下達郎(インストメンタルver.)
☆鏡開ヨイショー
クレイジーメガミックス/植木等
☆乾杯!(乾杯と発声後)
Lets Stay Together/Al Green
☆ケーキ入力
La La Means I Love You/ Swing Out Sister
☆新婦御色直し退場
ずっと一緒さ/星野みちる (山下達郎cover)

☆新婦再入場
Can't Take My Eyes Off You/Frankie Valli
☆新婦よりご両親へメッセージ
Lets Get Married/竹内まりや
☆ご両親へ花束攻撃
Kiss/なかの綾 (Crystal Kay cover)

☆新郎新婦退場
l Just Called To Say I Love You/スティービーワンダー(Woman In Red サントラversion)

Tom & JuncoWedding Song Menu/selected by SB1


received_896599900507705.jpeg
そ、そう、カーステレオで達郎とスティービーしか聞かないトム石川氏に対しSB1氏が適当に選んだ名曲集だった。(そ、そう、Sparkle/Greenwood や 君の瞳に恋してる/達郎ver. etc...なんかも候補だったが、達郎が多すぎると達郎狂のトムに怒られたやんか。)

そ、そして、2018年2月8日、久しぶりに大阪に謎の出張で現れたトム石川氏の祝賀&歓迎会は馴染みの花の付く店2カ所で無茶苦茶地味に行われた!

1518114072342.jpg
SB-Chano『いやー良かったな。』
FB_IMG_1518142731852.jpg
トム石川『良かったす!新婚旅行はモルディブすよ!スリランカカレーも食べたすよ!』
1518114063821.jpg
SB-Chano『へえ〜。』
sketch-1514889879253.png
Onion Brothers『オメデトー!(ノック)オメデトー!(ハック)オメデトー!(コッキー)』

ナレーション 中子道雄
支援 トム石川婚活委員会
   花丸軒 石ノ花
supported by spicebrothers movie 2018

ラベル:トム石川 音楽
posted by SB's at 14:02| 大阪 ☀| Comment(0) | SB's辛魂音楽-music- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月06日

追悼☆デニス・エドワーズ ~Rest In Power,DENNIS...☆~


2018.2.1(米国時間)3度もテンプスに在籍した男、Mr.Papa Was Rolling Stoneが旅立った!(翌日は自身の75thBirthdayだった。)
そ、そう、デヴィッド、ポール、エディー、メルヴィン、アリオリ、リチャード...のもとへと。
IMG_20180203_195401_016.jpg
俺は2013年8月19日に圧巻のデニス節がOSAKAのィ夜に炸裂し、俺たちは失神したのが俺の最後のデニス・エドワーズだ(そのレヴューにはポール・ウィリアムスJr.もいた!)!
そんな訃報を知る前夜、俺はSB-Luckfoot氏と『ローリングストーン誌が選ぶ最も偉大な100人のシンガー』の話をィ酔いながら語り合っていた!
後で調べてみると記憶とはィやや異なっていたが。
ランキング
1位 アレサ・フランクリン
2位 レイ・チャールズ
3位 エルヴィス・プレスリー
4位 サム・クック
5位 ジョン・レノン
6位 マーヴィン・ゲイ
7位 ボブ・ディラン
8位 オーティス・レディング
9位 スティーヴィー・ワンダー
10位 ジェイムス・ブラウン
11位 ポール・マッカートニー 
12位 リトル・リチャード 
13位 ロイ・オービソン 
14位 アル・グリーン 
15位 ロバート・プラント 
16位 ミック・ジャガー  
17位 ティナ・ターナー 
18位 フレディ・マーキュリー 
19位 ボブ・マーリー 
20位 スモーキー・ロビンソン
21位 ジョニー・キャッシュ 
22位 エタ・ジェイムズ 
23位 デヴィッド・ボウイ  
24位 ヴァン・モリソン 
25位 マイケル・ジャクソン 
26位 ジャッキー・ウィルソン 
27位 ハンク・ウィリアムス  
28位 ジャニス・ジョプリン 
29位 ニーナ・シモン 
30位 プリンス
31位 ハウリン・ウルフ  
32位 ボノ 
33位 スティーヴ・ウィンウッド 
34位 ホイットニー・ヒューストン 
35位 ダスティ・スプリングフィールド  
36位 ブルース・スプリングスティーン 
37位 ニール・ヤング 
38位 エルトン・ジョン 
39位 ジェフ・バックリィ 
40位 カーティス・メイフィールド
41位 チャック・ベリー 
42位 ジョニ・ミッチェル   
43位 ジョージ・ジョーンズ   
44位 ボビー・ブルー・ブランド  
45位 カート・コバーン 
46位 パッツィ・クライン  
47位 ジム・モリソン 
48位 バディ・ホリー  
49位 ダニー・ハサウェイ 
50位 ボニー・レイット
51位 グラディス・ナイト   
52位 ブライアン・ウィルソン 
53位 マディ・ウォーターズ  
54位 ルーサー・ヴァンドロス
55位 ポール・ロジャース 
56位 メイヴィス・ステイプルズ 
57位 エリック・バートン 
58位 クリスティーナ・アギレラ 
59位 ロッド・スチュワート 
60位 ビョーク
61位 ロジャー・ダルトリー 
62位 ルー・リード  
63位 ディオン  
64位 アクセル・ローズ 
65位 ★デヴィッド・ラフィン(ex.テンプテーションズ  
66位 トム・ヨーク 
67位 ジェリー・リー・ルイス  
68位 ウィルソン・ピケット  
69位 ロニー・スペクター 
70位 グレッグ・オールマン
71位 トゥーツ・ヒバート 
72位 ジョン・フォガティ 
73位 ドリー・パートン 
74位 ジェームス・テイラー 
75位 イギー・ポップ 
76位 スティーヴ・ペリー  
77位 マール・ハガード  
78位 スライ・ストーン 
79位 マライア・キャリー 
80位 フランキー・ヴァリ
81位 ジョン・リー・フッカー 
82位 トム・ウェイツ  
83位 パティ・スミス  
84位 ダーレン・ラヴ  
85位 サム・ムーア 
86位 アート・ガーファンクル 
87位 ドン・ヘンリー  
88位 ウィリー・ネルソン  
89位 ソロモン・バーク  
90位 エヴァリー・ブラザーズ
91位 リヴォン・ヘルム 
92位 モリッシー 
93位 アニー・レノックス  
94位 カレン・カーペンター 
95位 パティ・ラベル 
96位 B.B.キング  
97位 ジョー・コッカー 
98位 スティーヴィー・ニックス 
99位 スティーヴン・タイラー 
100位 メアリー・J.ブライジ 

IMG_20180203_125239_715.jpg
そ、そう、ローリングストーン誌Best100にはMr.Papa was Rolling Stone デニスはいない!
そして、エディもアリオリもいない。
マイガール,雨に願いを,...のMr.ラフィンが65位でテンプス一門の圏外を防いでくれた。
しかし、俺たちの魂にはPapa Was Rolling Stone,Cloud Nine,I Can't Get Next You,I Wonder She's Seeing Now,,...のデニスの叫びがStanding On The Topに輝いている!
FB_IMG_1517920851312.jpg
70年代終わりにはポインター・シスターズのルース・ポインターと結婚し、娘Issaが誕生。彼女は現在、母と一緒にポインター・シスターズのメンバーとして活動しているそうだ。

Rest In Power&Peace!!! DENNIS EDWARS...☆(SB1)


ラベル:音楽
posted by SB's at 14:10| 大阪 ☀| Comment(1) | SB's辛魂音楽-music- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月26日

俺たちのE.YAZAWA CONCERT TOUR TRAVELING BUS 2017@日本武道館ファイナル 12.19

DSC_2289.JPG
pm8:57....4,5回泣きそうになりながら、しっかり最後まで俺たちの目に焼き付けたトラバス2017@武道館最終日。
俺たちはゆっくり武道館のメトロへとつづく?階段を降りた。
い、いや、Hey,TAXIか?
DSC_2290.JPG
そ、そう、俺たちの感動はまだまだまだ止まらない!
そ、そして、夜が更ければ又いつもと同じさ(久しぶりの2番が炸裂したトラバス2017ツアー)...
今年はWAKAYAMA~YOKOSUKA~OSAKA~OSAKA~BUDOKANと駆け抜けた俺。
ま、また、俺たちはたまらないトラベリンバスに来年もRIDE ONだ!

SETLIST
1.ラスト・シーン
2.奴はデビル
3.メドレー
最後の約束
ウィスキー・コーク
ライフ・イズ・ヴェイン
4.セクシー・キャット
5.恋の列車はリバプール発
6.キャロル
7.ゆきずり
8.パナマに口紅
9.黒く塗りつぶせ
10.愛はナイフ
11.メドレー
ひき潮
時間よ止まれ
親友
チャイナタウン
12.夢がひとつ
13.翼を広げて
14.こんなにも
15.雨に打たれて
16.Risky Love
17.エイシャン・シー
18.SUMMER RAIN
19.風の中のおまえ
20.A DAY
アンコール
21.止まらないHa〜Ha
22.トラベリン・バス

クロージング
千の夜を越えて...

客出し
この海に...

Thank You Mr.King Of Rock'n'Roll E.YAZAWA!!!
We're Back'n'Roll to E.Y69th Birthday-Anniversary Special R&R Concert!!! (SB1)


ラベル:音楽
posted by SB's at 01:17| 大阪 ☁| Comment(0) | SB's辛魂音楽-music- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月25日

俺たちのトラバス2017ツアー@日本武道館ファイナル『入館編』Pt.2 12.19


1514024881746.jpg
そ、そして、俺たちのィ横伝説は完全崩壊した!
SB-HR氏&SB-Manbow氏はほぼど真ん中だった!
DSC_2282.JPG
こうなったら俺が自らィ横に動く。
DSC_2283.JPG
pm6:17...右横(YAZAWA視線)。
DSC_2284.JPG
pm6:19...左横(YAZAWA視線)。
き、キマった!
DSC_2285.JPG
pm6:25...俺の前の席は遺影がせつない。
ィ夜中のハイウェイで彼は死んだのか?
DSC_2287.JPG
EIKICHI YAZAWA CONCERT TOUR TRAVELING BUS 2017 NIPPON BUDOKAN FINAL...間もなく開演です!
永ちゃん!永ちゃん!(SB1)


ラベル:音楽
posted by SB's at 19:52| 大阪 ☁| Comment(0) | SB's辛魂音楽-music- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月23日

俺たちのトラバス2017ツアー@日本武道館ファイナル『入館編』12.19


1513667210145.jpg
pm3:30頃...そ、そう、浅草にWhy?何故か?独りいたあのSB-Kon氏は俺たちにお揃いの革ジャケットを買い届けようとしてくれていたのだ!
だ、だが、無念の定休日。
(俺たちの定休日伝説は翌日もつづく事はまだ誰も知らない!)
1513666567062.jpg
武道館最終日には行けないSB-Kon氏は浅草の似顔絵店の永ちゃんに永ちゃんコールを贈っていた!
そ、そして、俺たちのトラベリンバスは各自聖地へと到着!
DSC_2266.JPG
pm5:15...九段下のメトロの階段上がれば今年も健在の武道館前チャイナタウン(中華まん屋台)を俺は通過!
DSC_2267.JPG
ま、先ずは俺たちの聖地のツアー看板を真正面から拝む!
そ、そう、俺たちの大晦日だ。
DSC_2268.JPG
見上げれば日本武道館看板にも祈る!
DSC_2272.JPG
そ、そして、暗く狭いあの屋根裏部屋時代からは想像がつかないドデカイ聖地の八角形の屋根が堪らない!
さあ、ぶっ飛ぶ準備は出来ている!
1513674653009.jpg
pm6:10...そ、そして、俺のィ横(アリーナ公演のみ)伝説は見事に崩壊した。
DSC_2281.JPG
SB-Kon氏がお揃いの革ジャケットを届けられなかったので、一枚のコートを代わる代わる着ながら寒さを凌いで武道館に到着したらしいSB-HR氏&SB-Manbow氏を探せ!
眩しいほど悔しいほど輝いたィ横は炸裂したのか?(SB1)


ラベル:音楽
posted by SB's at 16:58| 大阪 ☁| Comment(0) | SB's辛魂音楽-music- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月13日

俺たちのトラバス2017@OsakaJo-Hall 12.9-12.10

1512803660719.jpg
12.9 pm...俺の今ツアー初めてのアリーナ公演。
1512878975325.jpg
お、俺は初のトランポもしっかり拝んだ!
1512821554941.jpg
開演前、コノ日はスタンド&アリーナ席でのBig Waveが巻き起こった!
DSC_2130.JPG
そして、俺の席はサイコーの(ワケのある)左真横(YAZAWA視線)だった。
DSC_2131.JPG
そ、そう、俺たちのィ横伝説は武道館にもあるのか??

1512891374804.jpg
12.10 pm...万全の体制で臨んだ大阪城ホール最終日。
1512891381722.jpg
そ、そう、更に破壊力の増したYAZAWA+超ロングセットリスト+しばらく封印されていたあの曲の2番なんかに俺は数回泣きかけた!
永ちゃん自身もあのあの50歳のバースディライヴ以来?の涙が涙がヤバいシーンも!!!


さ、さあ、俺たちのトラベリンバスは日本武道館ファイナル12.19へと走り出した。(SB1)


ラベル:音楽 動画
posted by SB's at 17:16| 大阪 ☀| Comment(0) | SB's辛魂音楽-music- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする