2018年01月27日

俺の日本最古中華そば店@大貫(尼崎) 1.26 by SB-HR

1516975621410.jpg
この日は職場のスタッフのお見舞いで尼崎へ。
帰り道。
おしゃべり居酒屋から名刺代わりの瓦煎餅を配る陽気なSB-Mambowの声が聞こえたが無視してお隣の名中華そば店へ。
1516975799808.jpg
そう、日本最古の中華そば店だった浅草の来々軒が昭和51年にその幕を閉じ、繰り上がり日本最古となった大貫だ。
1516975846035.jpg
その最古でサイコーの中華そばに啜り泣く!
1516975850404.jpg
焼き飯。
ちょっと多いので隣の居酒屋にいるSB-Mambowに電話しそうになったが、お持ち帰り用の箱が大貫には用意されていた!
1516975809073.jpg
そう、明治43年(1910年)初代・尾崎貫一氏が横浜中華街の中国人(広東省出身)12名を招き浅草公園に『来々軒』を開業しました。
そして、浅草『来々軒』の味が忘れられない千坂長治氏は大正元年(1912)神戸外国人居留地初の中華料理店・『杏香楼』から中国人シェフの周氏を招き、当時の居留地に於いて日本人初の中華そば店を浪花町66番館にオープンしました。その店こそが今もなお続く『大貫』のルーツです。
そう、『大貫』は尾崎貫一氏にリスペクトを込めて貫一氏の『貫』の文字を残したという噂も。
僕も、もし、もうひとり子供が産まれたらその子を繰り上げ長男or長女にし『貫』という文字を名前に取り入れます!
男の子なら貫吉、女の子なら貫奈かな。(SB-HR)


ラベル:ラーメン
posted by SB's at 00:07| 大阪 ☁| Comment(0) | SB's熱麺紀行-noodles- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: